kokode.jp


Wakoさんの松山別荘暮らし


line

松山の美味しさがギュッと詰まった実力店をラインナップ

「瀬戸内行きつけショップリスト」

Wakoさんの松山別荘暮らし
「Wakoさんの松山別荘暮らし」レポート最終回は、Wakoさんの別荘ライフを支える厳選地元ショップをご紹介。新鮮野菜や卵、コーヒーなど、Wakoさんがお気に入りのかご(※)を片手に、実際に日常使いしているお店は必見です。最近旅先としても人気の瀬戸内。“地元の人”気分で手軽に名産を楽しめる場所ばがりなので、松山へ出かけた際は、ぜひチェックしてみてください。
(※)のついているアイテムは、kokode.jpで購入可能です。
wako

WAKOさん


ライフスタイルプロデューサー。伝説のセレクトショップKOKOROの元オーナー。主婦、母、妻、“家好き”の目線に豊富な海外経験を融合させ、生活を「ちょっと楽しく」するアイデアを提唱。「VERY」で公開した自宅インテリアも大人気。WAKOさんセレクトによるライフスタイルグッズを、kokode.jp限定で販売スタート。

wako

wako

line

豆をこよなく愛するオーナーのアットホームな専門店

「イエムラコーヒー」

line
line
「豆が美味しいのはもちろん。豆を買いに行くと淹れてくれるコーヒーが、これまた美味しいの! 」とWakoさんも絶賛。元々カフェを営んでいた家村高志さんがオーナーを務める、コーヒー豆専門店。店内は家村さんの人柄が表れるように、コーヒー豆を買うだけでも会話が弾む、安らぎの空間です。JICAの知り合いに手伝ってもらって、現地(ジャスミン農園)から直輸入しているという、ホンジュラス マルカラ“リサ・デ・ニーニャ”(1280円/200g〜)のほか、家村さんがハンドドリップしてくれるコーヒーのテイクアウトも可能。


【住所】 愛媛県松山市北条辻1410 
【TEL】 089-904-6526
【営業時間】 11:00〜18:00
【定休日】 日曜、月曜 ※毎年8月は1か月ほどお休み


line

Wakoさんがほぼ1日に1回は通う(笑)、産直コーナーは必見

「Aコープハトマート北条」

line
line
line
Wakoさんが「朝市」と勝手に呼んでいる(笑)、季節の野菜や果物がズラリと並ぶ産直コーナーが名物のスーパー。約130軒の契約農家から、毎日採れたての旬の食材が届きます。「この量でこの値段 」と思わず2度見してしまう、お得感はさすが産直! 圧巻です。朝9時の開店とともに人気農家のものは、飛ぶように売れるとか。Wakoさんもお気に入りの方を見つけて、チェックしているそう。夏は愛媛名産の長ナス、キュウリ、そしてブルーベリーやイチヂクが、冬なら柑橘系の果物がイチ押し。


【住所】 愛媛県松山市北条辻445-3 
【TEL】 089-993-3120
【営業時間】 8:00〜20:00
【定休日】 年中無休(年末年始除く)


line

一口で違いがわかる!“Wako流朝食”にマストの卵が揃う

「えひめ たまごの郷 直売所」

line
line
卵かけご飯、フレンチトースト、卵焼きetc……。Wakoさんの朝食に欠かせない、とびきり美味しい卵が手に入るのがコチラ。日本に6%しかいないと言われる貴重な純国産鶏から生まれる、まろやかな味わいが特徴の「もみじたまご」。水色の殻が印象的な南米原産鶏「アローカナの卵」は濃厚で、愛媛県の某銘菓にも使用されるほど。そんな個性豊かな産み立て卵を多数取り揃えるこの直売所。ひっきりなしにお客さんが訪れ、お昼には卵がなくなってしまうので、朝イチで行くのがオススメです。


【住所】 愛媛県松山市北条辻528
【TEL】 089-996-0107
【営業時間】 9:00〜12:00(正午)
【定休日】 木曜


line

“海のもの”から“山のもの”まで愛媛県の名産が一堂に

「道の駅 風早の郷 風和里」

line
line
熱々ご飯のお供にぴったりの「じゃこ」、炒め物や漬物の隠し味にオススメの「にんにくチップ」、焼き物にかけたり、サワーにしたり、たっぷり使える量が嬉しい「すだち」など、Wakoさんお気に入りのMy定番がたくさんあるお店。愛媛県の特産物が並ぶので、お土産選びにも重宝します。この日は娘さんたちが大好きなハチミツを購入しました。


【住所】 愛媛県松山市大浦119 
【TEL】 089-911-7700
【営業時間】 9:00〜18:00
【定休日】 年末年始(12月31日〜1月2日)


line

海外にいるようなテラス席も気持ちがいい! 人気カフェ

「NORTH SHORE EHIME」

line
line
NORTH SHOREの名前の通り、海外のようなオシャレ感漂う、今年の6月にオープンしたばかりのカフェ。日替わりの「LUNCH PLATE」(写真はタプナードソースハンバーグ1,100円)をはじめ、ボリューム満点の「スプラウト サンドウィッチ」(1,000円〜)など、野菜たっぷりのヘルシーメニューが楽しめます。目の前にビーチが広がる、絶景テラス席も注目。初めて訪れたWakoさんも清々しい光を浴びながらランチを食べたり、ビーチサイドを歩いたり、リラックスした時間を過ごしていました。


【住所】 愛媛県松山市小川甲17-4 
【TEL】 089-909-6116
【営業時間】
 8:00 〜20:00(土日祝は 7:00〜 20:00)

 MORNING オープン〜11:00 (L.O.10:30)
 LUNCH 11:30 〜14:00 (L.O.13:30)
 CAFE 14:30 〜17:00 (L.O. 16:30)
 DINNER 17:30〜20:00 (L.O. 19:30)
【定休日】 不定休
【HP】 http://northshore-hanafru.com/


行きつけショップ食材を使った「絶品ホテル風朝食」ご紹介します

wako
wako
別荘でのとある日の朝ご飯。たまごの郷で購入した「讃岐コーチンの地鶏たまご」をたっぷり使った“フレンチトースト”がメイン、ハトマートのアスパラを添えたホテル風朝食です。海を眺めるロケーションもさることながら、ホテル風の決め手はやはりテーブルコーディネイト。とはいえ難しいことはなく、フォトジェニックなお皿に頼るのが簡単にホテル風を演出するコツ。大きめのオーバルプレート(※)は、こんなワンプレートご飯に便利なお皿です。また風和里のオレンジジュースを注いだ、脚つきのグラス(※)も特別感を出すのに重宝。ブルーベリーを入れた、ガラスのボウル(※)もWako’s Roomの人気アイテムです。
wako

Wakoさんのビーチハウス、Airbnbで宿泊予約できます

撮影/金子美由紀(ナカサアンドパートナーズ)

PICK UP