4218236
2
[S・girasole]キルティングジャケット
https://kokode.jp/products/detail.php?product_id=4218236
<p><font color="#c31941" size="3">エコレザー素材の大人キルティングジャケット</font><br /> <br /> スポーティなトレンドが続くこの秋は、キルティング加工を施したアイテムが注目度大。<br /> とはいえ、ナイロンキルティングだと、40代にはスポーティすぎたり、ほっこりしたり&hellip;&hellip;。<br /> そこで、エコレザーに極薄の中綿を入れて、大人のキルティングジャケットを完成させました。<br /> 薄地のキルティングと程よいゆるっと感で「キルティング=太って見える」のイメージも、回避。<br /> 今っぽいオシャレ感漂うジャケットは、デイリーの自転車アウターとして、〝いざ〟のお出かけにとシーンレスに活躍しそう。<br /> カジュアル過剰にならない、大人のスポーティ感が叶う秋アウターは、旬のアスフロースタイルのキーアイテムになるはずです。<br /> <br /> スポーティな新顔アウターで去年とは違うランチスタイルに<br /> ベージュワントーンのフェミニンコーデも、キルティングジャケットのスポーティ感でコンサバすぎずフレッシュな印象に。<br /> フレアやワイドボトムスの日は、フロントのメタリックボタンを留めてコンパクトに着こなして。<br /> <br /> いつものTシャツ&times;デニムも白キルティングで今っぽい華やぎに<br /> いつものデニムスタイルも、白キルティングジャケットを投入するだけで、抜け感のあるキレイめカジュアルに。<br /> TシャツやシャツにONするだけで今っぽくなれるのが嬉しい。<br /> <br /> <a href="https://kokode.jp/products/detail.php?product_id=4214590"><font color="blue">コーディネートに使用したキルティングスカートはこちら</font></a><br /> <a href="https://kokode.jp/products/detail.php?product_id=4214599"><font color="blue">コーディネートに使用したバッグはこちら</font></a><br /> <br /> <font color="#c31941">モデル身長:173cm、Mサイズ着用</font><br /> <br /> 撮影《モデル》/赤尾昌則(whiteSTOUT)<br /> モデル/SHIHO<br /> ヘア・メーク/シバタロウ(P-cott)<br /> スタイリスト/大碕ちほ<br /> 取材/坂本結香、味澤彩子<br /> 構成/河合由樹</p>
https://kokode.jp/upload/save_image/4218236-1.jpg
セレSTORY・STORY
【STORY2021年11月号】
セレSTORY・STORY
【セレSTORY2021年11月号】企画ページ
16364
<p><font color="#c31941" size="3">エコレザー素材の大人キルティングジャケット</font><br /> <br /> スポーティなトレンドが続くこの秋は、キルティング加工を施したアイテムが注目度大。<br /> とはいえ、ナイロンキルティングだと、40代にはスポーティすぎたり、ほっこりしたり&hellip;&hellip;。<br /> そこで、エコレザーに極薄の中綿を入れて、大人のキルティングジャケットを完成させました。<br /> 薄地のキルティングと程よいゆるっと感で「キルティング=太って見える」のイメージも、回避。<br /> 今っぽいオシャレ感漂うジャケットは、デイリーの自転車アウターとして、〝いざ〟のお出かけにとシーンレスに活躍しそう。<br /> カジュアル過剰にならない、大人のスポーティ感が叶う秋アウターは、旬のアスフロースタイルのキーアイテムになるはずです。<br /> <br /> スポーティな新顔アウターで去年とは違うランチスタイルに<br /> ベージュワントーンのフェミニンコーデも、キルティングジャケットのスポーティ感でコンサバすぎずフレッシュな印象に。<br /> フレアやワイドボトムスの日は、フロントのメタリックボタンを留めてコンパクトに着こなして。<br /> <br /> いつものTシャツ&times;デニムも白キルティングで今っぽい華やぎに<br /> いつものデニムスタイルも、白キルティングジャケットを投入するだけで、抜け感のあるキレイめカジュアルに。<br /> TシャツやシャツにONするだけで今っぽくなれるのが嬉しい。<br /> <br /> <a href="https://kokode.jp/products/detail.php?product_id=4214590"><font color="blue">コーディネートに使用したキルティングスカートはこちら</font></a><br /> <a href="https://kokode.jp/products/detail.php?product_id=4214599"><font color="blue">コーディネートに使用したバッグはこちら</font></a><br /> <br /> <font color="#c31941">モデル身長:173cm、Mサイズ着用</font><br /> <br /> 撮影《モデル》/赤尾昌則(whiteSTOUT)<br /> モデル/SHIHO<br /> ヘア・メーク/シバタロウ(P-cott)<br /> スタイリスト/大碕ちほ<br /> 取材/坂本結香、味澤彩子<br /> 構成/河合由樹</p>
10
[S・girasole]キルティングジャケット
拡大画像を見る

NEW コラボ商品

セレSTORY 11月号

[S・girasole]キルティングジャケット

ITEM DETAIL 商品詳細

素材:
[表地]合成皮革
[中わた]ポリエステル100%
[裏地]ポリエステル100%
サイズ:
着丈58cm、肩幅47cm、バスト100cm、袖丈51cm
カラー:
ホワイト/ブラック/キャメル

18,000円(税込)

カラー:
数 量:
お届け:
本商品は、ご注文後7日以内に出荷予定です。

お気に入りに追加
※限定商品の取扱のため、返品・交換不可となります。(不良品の場合は、1週間以内にご連絡ください)。
カラー 在庫
キャメル
ブラック
ホワイト
○在庫あり △残り僅か ×売り切れ

エコレザー素材の大人キルティングジャケット

スポーティなトレンドが続くこの秋は、キルティング加工を施したアイテムが注目度大。
とはいえ、ナイロンキルティングだと、40代にはスポーティすぎたり、ほっこりしたり……。
そこで、エコレザーに極薄の中綿を入れて、大人のキルティングジャケットを完成させました。
薄地のキルティングと程よいゆるっと感で「キルティング=太って見える」のイメージも、回避。
今っぽいオシャレ感漂うジャケットは、デイリーの自転車アウターとして、〝いざ〟のお出かけにとシーンレスに活躍しそう。
カジュアル過剰にならない、大人のスポーティ感が叶う秋アウターは、旬のアスフロースタイルのキーアイテムになるはずです。

スポーティな新顔アウターで去年とは違うランチスタイルに
ベージュワントーンのフェミニンコーデも、キルティングジャケットのスポーティ感でコンサバすぎずフレッシュな印象に。
フレアやワイドボトムスの日は、フロントのメタリックボタンを留めてコンパクトに着こなして。

いつものTシャツ×デニムも白キルティングで今っぽい華やぎに
いつものデニムスタイルも、白キルティングジャケットを投入するだけで、抜け感のあるキレイめカジュアルに。
TシャツやシャツにONするだけで今っぽくなれるのが嬉しい。

コーディネートに使用したキルティングスカートはこちら
コーディネートに使用したバッグはこちら

モデル身長:173cm、Mサイズ着用

撮影《モデル》/赤尾昌則(whiteSTOUT)
モデル/SHIHO
ヘア・メーク/シバタロウ(P-cott)
スタイリスト/大碕ちほ
取材/坂本結香、味澤彩子
構成/河合由樹

RANKING

ランキング