kokode.jp

Wako's Room Theme:2 Green

line

フェイクグリーンを上手に取り入れて緑に囲まれた生活を


花もグリーンも大好きで、家中に飾りたいけれど、全部本物だと水やりだけでも大変。そこで、20年前からフェイクグリーンを取り入れるようになりました。フェイクグリーンは、より本物に見えるものをセレクトすることが何より大事。そして、フェイクグリーンと本物をミックスすることと、雰囲気のある鉢選びも本物らしく見せるポイントです。ぜひ、コツをつかんでグリーンのある生活を楽しみましょう!
wako

WAKOさん


ライフスタイルプロデューサー。伝説のセレクトショップKOKOROの元オーナー。主婦、母、妻、“家好き”の目線に豊富な海外経験を融合させ、生活を「ちょっと楽しく」するアイデアを提唱。「VERY」で公開した自宅インテリアも大人気。WAKOさんセレクトによるライフスタイルグッズを、kokode.jp限定で販売スタート。

wako
wako

line


kitchen

@kitchen

形の違うフェイクグリーンを組み合わせて立体的に

キッチンの棚など高さのある場所には、つるが長く垂れ下がるフェイクグリーンと、こんもりと丸みのあるフェイクグリーンを組み合わせると、立体感が出てバランスのよいコーディネートに。ところどころに本物のグリーンを差すと、より本物らしく見えます。さらにフェイクキャンドルを組み合わせて、雰囲気を出すのが私流。
kitchen
line

@entrance1

季節問わず玄関を飾れるフェイクグリーンリース

お客様を迎える玄関スペースは、リースを飾っておもてなし。ここでも、季節を問わず飾れるフェイクグリーンのリースを活用しています。インテリアに丸みを取り入れると、やさしい雰囲気になるので、外側のドアだけでなく、内側の玄関スペースにも取り入れています。サイズ違いのリースをかければ、インテリア性がグンとアップします。
line

@entrance2

落ち着きたいスペースにはシャビーな珊瑚がおすすめ

玄関のウェルカムスペースや、リビングのサイドテーブル、ベッドルームなど、グリーンを置くと存在感が強く出すぎてしまうスペースには、シャビーな珊瑚のフェイクグリーンがおすすめです。ホワイトやブラウンのインテリアに溶け込むようになじむので、落ち着いた雰囲気になります。
line

@corner

棚や鏡などのコーナーにはつるタイプをあしらって

パウダールームもグリーンを取り入れたいもの。でも、たいていパウダールームは陽の当たりにくいところにあるので、フェイクグリーンの出番です。つるタイプのフェイクグリーンなら、化粧棚や鏡などのコーナーにも簡単にあしらうことができます。キッチンやリビングの棚などにも応用できます。

line


Movie

グリーンセッティングの方法を動画でCHECK

PICK UP